いつか訪れてみたい世界各地のクリスマス!
遠出がむずかしい今だから・・・
お部屋で旅行気分を味わえる楽しいカードを集めました♪

christmas cardsカードで旅する世界のクリスマス!

  • 飛行機でいってきます!

    CHECK

  • フランスのステンドグラス

    CHECK

  • カナダのオーロラ

    CHECK

  • イギリスの観覧車

    CHECK

  • ドイツのクリスマスマーケット

    CHECK

  • フィンランドのサンタの家

    CHECK

  • 家で過ごすアメリカのクリスマス

    CHECK

  • 日本ならではの贈り物

    CHECK

飛行機でいってきます!

クリスマス時季の世界旅行へ
ずーっとお預けだった海外旅行。空港の出発ロビーやフライト案内の画面など、思い出すだけでワクワクしてきますよね!季節はもうすぐクリスマス。思い切って、世界中のクリスマスを楽しむ旅に一緒に出かけませんか?
はやる気持ちを抑えながら搭乗手続きを済ませ、チケットを手にいざ機内へ。CAさんのアナウンスが心地よく響き、旅の始まりを告げてくれます。
そんな雰囲気を味わえちゃうのがこの飛行機カードです。ボタンを押せば、たちまち気分は飛行機の中。
さあ、楽しい旅へいってらっしゃい!

フランスのステンドグラス

今なお残る中世の輝き
フランス・パリの南西約80kmにあるシャルトル。そこにあるシャルトル大聖堂はフランスで最も美しいゴシック建築といわれ、なんと、中世のステンドグラスが今もそのままの姿で残る、貴重な建物です。1979年に世界遺産にも登録されています。
総面積2000平方メートルを超えるステンドグラスを見上げると、一番に目に入るのは、「シャルトルブルー」と呼ばれる青いガラス。その美しさに、ため息が出てしまいます。
透明素材越しに光がともるステンドグラスカードも負けていませんよ!厳かなパイプオルガンで奏でる「もろびとこぞりて」に合わせて、カラフルに輝くライトに思わずうっとりです♪

カナダのオーロラ

幻想的な光に感動!
一生に一度は見てみたい絶景のひとつがオーロラです!晴れの日が多いカナダでは、3泊すれば90%の確率で観賞できるといわれています。雪景色の中で揺らぐオーロラはとっても神秘的。空気の状態によって刻々と変化するため、同じ色・形のオーロラが二度と現れないことも心ひかれるポイントです♪
そんなオーロラの幻想的な雰囲気を味わえるのがこのカード。白い光がハニカムフィルムに反射して緑やピンクに変化して見えます。ロマンチックなメロディーとともに、思い出に残る特別なクリスマスを過ごせますように!

イギリスの観覧車

てっぺんから見渡す壮観な景色!
ヨーロッパ最大の観覧車である「ロンドン・アイ」。ゆったりと回るカプセルの中から市内を一望できます。年末のカウントダウンでは花火も上がるロンドンのシンボル的存在ですが、開業当初は5年で営業終了の予定だったそうです。観光客はもちろん、地元の人からも人気だったため、今でも回り続けているそうですよ。たくさんの人に愛されて、観光名所と呼ばれるようになったのですね。
誰もが笑顔になれる観覧車。そんな観覧車をレーザーカットで繊細に表現したこのカードで、家族に感謝の気持ちを伝えます。わたしが笑顔でいられるのは、みんなのおかげです!

ドイツのクリスマスマーケット

伝統的な冬の風物詩
冬のイベントとして、日本でも定着しつつあるクリスマスマーケット。その本場、世界最古といわれているのがドイツのフランクフルトです。イルミネーションで彩られた華やかな屋台には、クリスマスならではの工芸品やごちそうが並び、いつもとは違うファンタジーな気分を味わえるのだそう!
このカードには、そんな街の様子が細部まで繊細に描かれていて、ず〜っと眺めていると聖歌隊の歌声やワインの香りまで想像できちゃいます♪ぜひ手に取って、プレゼントを届けに来たサンタさんを探してみてくださいね。

フィンランドのサンタの家

夢にまで見たサンタに会えるかも!?
フィンランド北部ロヴァニエミは、北極圏から8km南にある街です。冬は一面銀世界、夏も白夜が続きます。そのロヴァニエミにあるのがサンタクロース村。
そこにはサンタの家があり、いつでもサンタがいて、お話をしたり、一緒に写真撮影をしたりできるそう♪
小さな頃から憧れていたサンタに会えるなんて、夢のような出来事ですよね。「今までプレゼントをありがとう。これからもよろしくね!」と伝えてみたいな。
きっと家の中ではこのカードのように、プレゼントを用意したり、出発の準備をしたりしているのでしょうね!

家で過ごすアメリカのクリスマス

リースの飾られたドアを開けると…
旅の途中で、アメリカの友達の家にお邪魔します。アメリカのクリスマスといえば、家で家族と静かに過ごす時間。ヒイラギと松ぼっくりで作られたすてきなリースが飾ってあるドアを開けて、あたたかい家に迎え入れてくれました。
本物のモミの木のツリーには代々受け継がれているオーナメントが飾られ、ツリーの下にはたくさんのプレゼント。暖炉の上には届いたクリスマスカードがずらっと並んでいて、クリスマスを迎えるワクワクした気持ちが伝わってきます。
帰ったら私もカラフルなライトがともるこのリースカードを部屋に飾って、クリスマスまでの時間を楽しみに過ごそうかな!

日本ならではの贈り物

和洋折衷のクリスマス
世界の名所やクリスマスの過ごし方を見てきましたが、ほっと落ち着くのは生まれ育ったこの場所です。
遠出が難しい状況の中、近場での楽しみを探しているうちに、日本の良さを再発見しました!伝統的な縁起物は、その種類の多さにびっくり。フクロウ→不苦労など、しゃれの利いた由来も粋ですね♪ハロウィンやクリスマスなど、あちこちの文化を取り入れて楽しむところもすてきです。
改めて日本の魅力を知ることで、より楽しい日々を過ごせますように・・・そんな想いを込めたのがこのカード。縁起物や和柄の小物をソリにのせて、大切な人の元へ出発です♪