COLUMN 48//NEW! クリスマスソングのこだわり、教えちゃいます!

12月が近づくと、どこからともなく聞こえてくるクリスマスソング♪
また今年もクリスマスがやってくるなあと、大人になってもワクワクしますよね!

そんなクリスマスソングが流れる、サンリオのクリスマスライト&メロディーカードは、
カードの魅力を最大限に引き立たせるように、選曲やアレンジなどにこだわっています。
デザインに合わせて最適な曲を選び、全曲オリジナルのアレンジを施して制作しているんですよ。
今回はその秘密についてご紹介したいと思います!

まずはオーケストラで奏でる「ひいらぎかざろう」。
イギリスはウェールズの民謡で、クリスマスのモチーフであるひいらぎを飾ってクリスマスを楽しく迎えようという歌です。
オーボエやファゴット、チェンバロなど、メインの楽器が次々に変わっていく、華やかで躍動感あるアレンジが魅力です。
サンタが空からやってくるような鈴の音はクリスマスならでは!

大きなチキンやデコレーションされたケーキなど、ごちそうののったクリスマスのテーブルを家族で囲む、にぎやかな時間にぴったりなメロディーです。
クリスマスの大切な思い出の一ページになりそうですね。

続いて、クリスマスにふさわしい清らかな音色のハンドベルで奏でる「きよしこの夜」です。
12月は慌ただしい季節ですが、聖なる夜を穏やかな気持ちで過ごせるように、シンプルで優しいアレンジを心掛けました。
ハンドベルの音色には癒やしやリラックス効果があるといわれているそうです。
寝る前のひとときに、お気に入りのアロマを香らせ、温かなお茶でも飲みながら、ゆったりとした時間をこのメロディーと一緒に過ごしていただければうれしいです!

遠くから機関車が走ってくる音が聞こえてきませんか?
次は機関車の走行音とサンタクロースの言葉に合わせて流れる、陽気な「ジングルベル」です。

参考に実際の機関車の走行音の音源をいくつも聞き、リアルに聞こえるよう何度も試作して完成させました。だんだんとスピードを上げて走っていくところがポイントです!
サンタクロースの声も、映画などのさまざまな資料を調べ、こんな声だったらいいなという気持ちを込めました。

クリスマスのプレゼントを心待ちにしているお子さまに楽しんでいただきたいメロディーです。
プレゼントをたくさん積んだ、こんな夢いっぱいの機関車がクリスマスの夜にやってきますように♪

最後にご紹介するのは、まるでカフェにいるようなリラックスムード満点の「ジングルベル」です。
小さな頃からなじみのある定番のクリスマスソングを、大人の方にも聞き応えのあるジャズ風にアレンジ♪
自分のお気に入りのカフェに足を運び、そこで流れているメロディーを参考にしました。
低く響くベース音に軽やかで遊び心いっぱいのピアノの旋律が重なり、おしゃれな雰囲気に仕上がったと思います。
寒い冬の夜、大切な人といっしょに過ごす時間にオススメの一曲です。

今回はクリスマスをよりすてきに演出してくれる、クリスマスカードのメロディーについてご紹介してみました。
ぜひ実際に店頭でお聴きいただき、このこだわりを感じていただければと思います!

その他のコラムを見る