COLUMN 47/ サンタと楽しむ!和風クリスマスカード

10月も半ば、今年もクリスマスが近づいています!
これから繁忙期を迎えるサンタたちは今頃どのように過ごしているのでしょうか?
和風クリスマスカードには、一足先に日本にやってきたサンタたちの、ちょっぴりオフな一面を見ることができる人気シリーズがあります♪
今回はその中から、「盆栽」「浮世絵」「観光名所」「温泉」のカードをご紹介!

まず一つ目は「盆栽」のカード。
盆栽をクリスマスツリーに見立てて、サンタたちが日本の縁起物を飾っています。
「よいしょ、よいしょ」「オーライ、オーライ」と掛け声が聞こえてきそうなにぎやかなデザイン。
おかめとひょっとこのお面をかぶったサンタがお茶目でかわいいです♪
縁起物にさまざまな意味が込められていることはご存じの方も多いと思いますが、盆栽に使われる松にも「長寿」の意味があります。寒い冬に負けず、枯れることなく緑を保つ力強さが由来なのだそう。相手の方の幸せな一年を願う気持ちがたっぷりつまったカードですね!

お次は「浮世絵」をモチーフにしたカードです。
富嶽三十六景の中でも有名な「神奈川沖浪裏(かながわおきなみうら)」の世界にサンタたちがやってきました。大波の中、楽しそうにプレゼントを運ぶサンタたちを見ていると「憂き世であれば浮かれて過ごそう」という浮世絵の由来を思い出します。
表紙には、サンタが落とした帽子をトナカイが拾っていたり、ネコが魚をじーっと見ていたり・・・物語を感じる小ネタがいっぱいで、くすっと笑顔になれそうです♪
浮世絵風のカードは、「凱風快晴(がいふうかいせい)」の赤富士バージョンもあります。

続きまして、風情たっぷりの「観光名所」のカードをご紹介。
広島の厳島神社が描かれたカードは、海上にそびえ立つ大鳥居が見どころです!
船上のサンタがもみじ饅頭らしきものを食べていたり、トナカイではなくシカが描かれていたりするところが宮島ならではのポイント♪
現在、大鳥居は70年ぶりの修繕工事中ですが、白いシートに覆われたライトアップもまた、神秘的な美しさなのだそう。ぜひ一度見てみたいです。
京都・嵐山の人気スポットである竹林の道が描かれたカードは、小さなサンタとの対比で、空まで覆う竹林の背の高さを表現しています。古き良き幽玄の景色の中、スマホで写真をとっている様子が今っぽくて楽しい♪

最後は「温泉」のカード。
赤いコスチュームを脱いで、腰にタオルを巻いたり、浴衣を着たりしているサンタたちが新鮮です。
縦に並んで背中を流している最後尾はなんとお猿さん!ちょこんと座っていてかわいいですね〜。
打たせ湯で凝りをほぐしたり、日本酒で乾杯したり、温泉でまったり過ごすサンタのカードは、この一年たくさん頑張った方へ贈るのにぴったり。
「おつかれさま、ゆっくりしてね」の気持ちがきっと届くはず!

サンタたちのちょっとプライベートな様子、いかがでしたか?
日本の文化や名所を描いたこのシリーズは、金箔をたっぷり使用した華やかさも魅力♪
他にもたくさんあるので「和風クリスマス」から検索してみてくださいね。
サンタと一緒に日本のクリスマスを楽しみましょう♪

その他のコラムを見る