COLUMN 46/ 日本縦断!秋めぐりの旅

みなさんはどの季節が一番好きですか?
私は、小さい頃は楽しいこといっぱいの夏が大好きでしたが、テレビや雑誌で特集される秋の味覚や紅葉などを眺めているうちに、だんだんと秋が好きになってきました!
涼しくて過ごしやすい気候もいいですよね♪

この時季ならではの魅力をぎゅっと詰め込んだ秋カードで、一緒に日本の秋を旅してみませんか?
さあ、さっそく出発ですよ〜!

紅葉といえば、京都。まずは京都に向かいましょう!

圓光寺、清水寺、嵐山など、紅葉の名所が盛りだくさんで迷ってしまいますね。
色鮮やかな紅葉にお寺や橋などの古き良き日本の様式美が加わり、ハッと息をのむ美しさです。

そんな風景を四角い箱の中に閉じ込めたカード。
丸窓の中を奥まで見てみると、繊細にカットされた紅葉が重なった美しい日本庭園が広がります。
思わず敷石を踏んで、庭園を歩いていきたくなりますね!

次の目的地は長野県山中湖村にある、花の都公園です。
富士山のふもとに広がる花畑には、春はチューリップ、夏はヒマワリと季節を感じる花々が咲き誇ります。
今の時季はもちろんコスモス。富士山をバックにして一面に咲くコスモスがとってもステキです!

お家でも富士山とコスモスを楽しめるカードがコチラ♪
軽やかに咲くコスモスのピンクが、富士山とのコントラストでより映えて見えますね。
花びらにラメがついているので、コスモスを照らす秋の日差しが感じられて、まるで花の都公園にいるような気分になれますよ。

旅は続きます!お次は東京港区の神宮外苑です。

神宮外苑のイチョウ並木は、実は遠近法の手法を用いて作られているそうで、青山通り側が樹高も地盤も高く、反対側の絵画館に向けて、徐々に低くなっているそうです。
そうすることで、絵画館が並木の先に美しく見えるよう設計されているとのこと。すごいですね!

本物のイチョウ並木になぞらえて、このカードも遠近感をつけて作られているので、中央から見るとどこまでも続くイチョウ並木を歩いているようです。
秋晴れの青空にイチョウの鮮やかな黄色が映えてステキ!並木沿いのカフェでお茶でもしたいな♪

最後はぐーんと北へ、北海道の根室に向かいましょう。

根室といえば、日本で一番最初に朝日が昇る納沙布岬のあるところです。
その納沙布岬の西にある花咲港が、日本で一、二を争うサンマの漁獲量を誇る港なのです!
近年サンマの不漁と、そのお値段が話題になることも多いですが、やっぱりサンマは秋の味覚の代表ですよね。
そんなサンマの七輪焼きが永遠に楽しめる(?)カードがコチラ。
こんがりと焼けたおいしそうなサンマをミニうちわでパタパタあおいでいると、おなかがすいてきちゃいます。

今晩は遠く花咲港を思いながら、スーパーでサンマを買って帰ろうかな?

日本の秋めぐりのプチ旅はいかがでしたか?
秋のカードをきっかけに、実際にその地に足を運んでみるのもいいですね!
また、いつか行ってみたいなという場所のカードをお部屋に飾って、秋の夜長に思いをはせてみても…。

ぜひ、今年の秋をゆったり楽しんでくださいね!

その他のコラムを見る