COLUMN 45//NEW! 敬老の日にもおすすめ!ご長寿祝いカード

9月20日は敬老の日。
おじいちゃん、おばあちゃんや身近なお年寄りの方に、改めて感謝を伝えるのにもぴったりの祝日です。
私は祖母と離れて暮らしているので、ここ数年、敬老の日にはカードを送ってます♪
電話で話すのとはまた違う、手書きのあたたかみを届けたくて。

ということで今回は、故郷の祖母に想いをはせつつ・・・
敬老の日や、ご長寿のお祝いにぴったりのカードをご紹介します!

長寿の象徴である、鶴と亀が描かれた金びょうぶのカードは、金箔加工が豪華で、工芸品のような趣(おもむき)を感じます。
タイのカードは、レーザーカットで繊細に抜かれた紅白のデザインがおめでタイ!
寄せ木細工のような和模様の組み合わせも魅力です。

この2枚のカードには、それぞれ12個のプレートがついていて、年齢の節目やお誕生日など用途に合わせて貼り付けることができます。
「敬老の日」のプレートもありますよ♪

ところでみなさん、長寿のお祝いの、名称の由来をご存じですか?
調べてみると、漢字のパズルのような発想で興味深いです!
例えば、末広がりの「八」が縁起の良い88歳のお祝いは、「八」+「十」+「八」=「米」寿。
99歳のお祝いは、「百」ー「一」=「白」寿。ナイスアイデアですね!

最後におまけで、還暦祝い専用のカードもご紹介♪
クマのカードは、フェルト素材の赤いちゃんちゃんこを着ています。
赤いちゃんちゃんこには「生まれ直し」の意味があるそうで、還暦は新しいことにチャレンジするのにぴったりの節目なのかもしれませんね。

また、近年の還暦祝いは、長寿というより「人生の区切りをお祝いする」という意味合いが強くなっています。
この華やかなバラのカードには「60th」と書かれたプレートが付いているので、「人生60周年」という特別な区切りのお祝いを演出するのにおすすめです♪

「いつもありがとう」「元気で長生きしてね」というメッセージを添えて、おじいちゃん、おばあちゃんへ贈ってみてはいかがでしょうか。

その他のコラムを見る