COLUMN 26/ カードのお仕事紹介:デザイナー編

今回は、グリーティングカード企画部のデザイナーのひとりNのお仕事を紹介します!

Nは以前のコラムでも紹介した「きままねこ」のデザイナーでもあり、
「きままねこ」の他にも、犬やネコをモチーフとしたカードを数多くデザインしています。
ちなみに今このコラムを書いている私(プランナー)が企画したカードの中で、特にお気に入りのバースデーカードのデザインもNが手がけてくれました。(写真右下)

犬やネコだけでなく、Nは花のデザインも得意としています。
パソコンで描画することも多いですが、手描きの質感が欲しい場合は実際に絵の具で花を描き、それをパソコンに取り込んで調整しています。
みずみずしい花の美しさが伝わるカードは、誕生日祝い、お見舞い、母の日カードや季節のお便りなど、さまざまな場面で気持ちを伝えるのにぴったり。

この他にも一年を通してさまざまなカードのデザインを手がけ、お店向けにPOPやカードカタログの表紙なども制作しています。
グリーティングカードのデザイナーはオールマイティーなんですね。
そんな、毎日忙しいNに突撃ミニミニインタビュー!

ー今までデザインしたカードの中で、特にお気に入りのものは?
(N)ネコやお花のカードは思い入れも深く、もちろん気に入っているのですが…
せっかくなので、もう販売していない過去のカードの中でのお気に入りを紹介させてください。
箔押しやエンボス(浮き出し)などの加工がメインのタイプのものは、入稿した後実際にメーカーさんに作っていただくまで自分の狙った効果が出るかどうかがわからず緊張します…
そのぶん、仕上がりを見たときの喜びもひとしおで、うまくいった!というものはとても心に残っています。
特に「らくがん」を模した和風カード(写真右上)は、本物のような立体感が出てお気に入りでした。

ーカードのデザインをしていて、うれしかったことは?
(N)たくさんありすぎて難しいですね〜。
自分が「こういうカードがあったらきっとたくさんの人が使ってくれるのではないか」と思い、
それを案出しして、デザインして、商品になって…、実際に使ってくださっている人を見たときは本当にうれしいです!
カードの可能性を広げて、多くの人のコミュニケーションのお手伝いができればそれが一番なので。
ネコのクリスマスツリーは、案を出した初年度(2016年)は商品化までたどり着かなかったのですが
翌年念願かなって商品化でき、今までたくさんの人に使い続けていただいているのが感慨深いです。

他にも、プランナーが自分のデザインをすてきな立体カードに仕上げてくれたときや
自分のデザインがロングセラーになって何年も店頭に並ぶときや…
先日は、憧れのイラストレーターである北澤平祐さんのカードデザインに携わることができ、それもとっても嬉しかったです。

あとはもう、毎日絵を描いていられることがなによりうれしいかもしれません。

ーこれからやってみたいことはありますか?
(N)カードの魅力により多くの人が気付いてくれるようなデザインがしたいです。
これまでは「カード本体のデザイン」がメインでしたが、
ここ数年は「カードの魅力を伝えるためのデザイン」にも力を入れなければならないと思い勉強中です。


グリーティングカードデザイナーの仕事、いかがでしたか?
まだないしょ(?)ですが、7月にNのデザインした新しいカードが発売になります。そちらも楽しみにお待ちくださいね♪

その他のコラムを見る