COLUMN 20/ ちらっとお見せします! 桜とメジロのカードができるまで。

お店に並ぶ、たくさんのカードたち…。
これら1枚1枚のカードが出来上がるまでには、実は数々の苦労(?)があったりなかったり…???
今回は、桜とメジロのカードができるまでの様子をちらっとお見せしちゃいます。

①まず、どんなカードを作るか仕上がりをイメージしたラフを作成します。
ひなまつりカードや出産祝いカードのように、ぼんてん(手芸屋さんなどで売っている玉)がぶら下がっているのがかわいいなと思って、私が作ったラフがこれ。
(メジロのつもりなのですが、なんだか変ですね。許してください。。)
このような企画ラフができたら、毎日行われているデザインミーティングで上司といっしょに検討します。
ここで上司から、このぼんてんは桜のカードには合わないので不要というコメントがあり、つけないことになりました…。

②ここからはデザイナーにバトンタッチ。
①のラフをもとに、デザイナーにまずモノクロラフを作成してもらいます。
メジロの向きや桜のレイアウトなど、一気にまとまってきました。さすがデザイナー。

③モノクロラフがデザインミーティングでOKになると、次はカラーラフです。
メジロの形などが整えられて、もうほとんど完成に近い形です。

④OKが出たら、最終データをもらって印刷メーカーさんに入稿!

⑤完成品がこちら!カードの飾り方を書いた説明書も作成します。

今回は比較的スムーズに進みましたが、企画段階で何度もダメ出しがあり、一からやり直しになることも…。(涙)
お店で手にとっていただいたカードたちにも、そんな風に1枚1枚にドラマがあるかもしれません。

その他のコラムを見る